...
理事長 山下 弘幸

開院15周年のご挨拶
 当院は令和3年7月1日に開院15周年を迎えることができました。これもひとえに、皆様方のご支援ご協力の賜物と思い、深く感謝しております。
 開院した当初は、別府市の野口病院での11年間の甲状腺・副甲状腺疾患治療の臨床経験を、患者さんのために少しでも役立てたいという思いだけでした。少しのんびりしたいという気持ちもありましたが、患者さんが増えるにつれて適切な治療を継続するには甲状腺内科医・外科医を育てることも必要と考えるようになりました。そこで、行政や医師会の先生方の御協力のもとに、平成24年1月に医療法人 福甲会 やましたクリニック(有床診療所)を開設、そして平成29年4月よりやました甲状腺病院として診療を行っております。
 さて、上記のように当院の歴史は浅く、施設や診療内容などについて周知されていないことも多いと思います。そこで、ご紹介してくださる先生方や患者さんのために当院の情報について、開院15周年を機会に記念誌として発刊いたしました。そして、日常診療の紹介目的に10分程度の動画も作成いたしました。また、“ゼロからの専門病院開設-岩盤規制を乗り越えて”という書籍を幻冬舎から出版いたしました。ご高覧いただければ幸甚に存じます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

令和3年7月

令和3年 新年のご挨拶
 明けましておめでとうございます。平成18年7月にやましたクリニックとして開院、現在は福甲会 やました甲状腺病院として甲状腺・副甲状腺疾患の専門医療を提供し、今年の7月で15周年を迎える予定です。皆様方の御協力をいただき無事に新年を迎えることができました。年頭に当たり改めて御礼申しあげます。
 昨年の話題は世界中でコロナ禍一色でした。日本を含むアジア地区(新型コロナウイルス発祥地とされている中国を含めて)は欧米諸国に比較して発症数が少なく経過していましたが、我が国においては第2波が収まらぬうちに第3波の猛攻撃を受けています。日本の病床数は外国に比べて多いのですが、感染症が蔓延した際(パンデミック)には対応困難なことが明るみにされました。そこで不要不急の外出を控え、生活に必要な行動には3密を避けて、ワクチンの普及とその効果を期待しながら、がまんの生活をしばらくおくらなければなりません。
 さて、甲状腺疾患は慢性に経過することが多く、救急の対象となる状況や発熱を主訴(頻度の少ない亜急性甲状腺炎では発熱するが、頸部痛を伴う)として受診することは少ないので、有症状の新型コロナ感染患者とは区別しやすいという特性があります。そういう意味では有症状のコロナ感染患者さんが受診することはほぼ考えられませんが、無症候の感染患者さんが受診することはあり得ることです。当院は上記の環境のなかで医療を提供しているので、職員あるいは患者さんが仮にウイルスを保有していたとしても、”うつらない・うつさない”を合言葉に感染対策を行っています。そのためには患者さんに不自由を強いることもありますが、感染対策に是非ご協力いただきたいと願います。
 しばらくはコロナ禍が続きますが、甲状腺・副甲状腺疾患の専門医療を継続し、今後も地域のためにお役に立ちたいと考えております。本年も宜しくお願い申し上げます。

令和3年1月

過去のご挨拶はこちらから


お問い合わせ
個人情報の取り扱いについて
診療情報および試料の医学研究・教育への利用ついて
診断書・証明書の料金について

職員募集 医師募集