診療情報および試料の医学研究・教育への利用について

 当院では、甲状腺・副甲状腺疾患専門病院として、患者さんにより良い診療を提供する目的で、医学研究および職員への教育を実践しています。
 そのため、患者さんに、診療に伴い発生する診療情報[診療録(カルテ)情報、X線検査・超音波検査などの画像情報]や、残余試料[臨床検査に用いた血液・尿などの検査試料や、手術で切除した組織]などを、今後の医学研究・教育などに利用することに対して、同意いただくことをお願いしています。

 診療に伴い発生する診療情報および残余試料については、以下の条件のもとに利用させていただきます。

  1. 診療情報や試料等を医学研究や教育に利用する際には、個人情報の保護を徹底し、厳重な注意を払います。また、個々の研究は、国が定める「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」等の法規・規範の遵守等について、院内の倫理委員会の審査承認を受けてから行われます。
  2. 残余試料を用いた新たな研究を行う場合は、その内容を当院ホームページに情報公開します。
  3. 診療に伴い発生する診療情報および試料の利用についての同意は、患者さんの自由意思によるものです。同意いただけない場合は、当院職員にお申し出いただき、不同意確認書にご署名の上、提出をお願いします。また、一度同意された後でも随時撤回できますが、原則として不同意の意思表示がない場合には、同意いただいたものとして利用させていただきます。なお、同意いただけない場合でも、診療上の不利益を受けることは一切ありません。

 患者さんにより良い医療を提供するために、ご理解とご協力をお願いいたします。